学校紹介

特色ある取り組み

  崎本部小学校の特色ある取り組みを紹介します。

torikumi1.JPG

ふれあい給食
 

年間7回学級担任以外の職員が輪番で各学級で給食を一緒にとること。(3学期は6年生)が担任以外の先生と楽しい会話をしながら、給食をいただきます。

torikumi2.JPG

わくわくうきうきランチタイム

全児童で一緒に楽しく給食をいただきます。年4回実施され、縦割り班が当番で給食の準備をします。日ごろ、給食を残しがちな児童も、この日は、嫌いな食材でも食べようと頑張る姿が見られます。

torikumi3.JPG

学校保健委員会

「食を通して生活習慣を確立しよう」をテーマにし、成長を伴う筋肉と骨のスポーツ障害や予防するためのストレッチの実技をロフト整形外科クリニックの職員の方から指導していただきました。

 

  また、小規模校のよさを生かして、縦割り班での活動も行っています。6年生をリーダーに、
  現代社会で希薄になっている子ども同士の縦の人間関係を、次のような活動を通して培わし
  ています。

 

かずら植え
 

地域のお年寄りに畑を整地して頂き、サツマイモのかずらを提供してもらいました。さらに、かずらの植え方もご指導していただきました。6年生が中心となって、下級生にかずらの植え方を伝授して、1班から4班までの各班ごとの畑を作りました。2学期には、全児童で縦割り班ごとに草取りも行いました。

torikumi5.JPG

通学路の清掃

縦割り班を2グループに分けて、年に2回学校周辺のちり拾いを行っていす。 
だんだんみんなやる気が高まって、「もう終わろう。」と声をかけても、もくもくと働いてくれました。

torikumi6.JPG

サツマイモ掘り

いよいよ、楽しみにしていたイモ掘りの日がやってきました。1班から4班ごとに5・6年生が中心となり、下級生がイモを掘りやすいようにくわで耕してから、みんなでイモ掘りをしました。たくさん採れた班もありましたが、最後は、みんなで平等に分けています。

 

TOPへ